テーマ:ブログ

ラポール・観察力を磨く

カウンセリング、NLP、ヒブノセラピースクール青山ココロコートの大野良実です。

 

今日も涼しげな1日です。

 

さて、呼吸のペーシング

呼吸を相手に合わしていくということですが

普段、人の呼吸のペースなど気にもしてませんよね??

そもそも、どうやってわかるの?と思われるかもしれません。

電車に乗ってたとしたら、前の方をみると、どこか変化がないでしょうか?

あまり見すぎるとよくないかもしれません。

そう、胸みぞおち辺りが動いたり、或いは肩に動きを感じたりと変化に気づくことでしょう。

変化に気づき、その動きのペースに呼吸感を合わせていくのです。

 

何が起こるか?

・変化に気づきやすくなる

・呼吸の深さの変化で催眠レベルも見極める手段となる

・他のペーシングにつながりやすくなる

・無意識下でラポールが形成される

 

意識して無意識にできていくと

・共感力が研ぎ澄まされる

・深いラポールがとれる

 

注意すべきことは

・普段呼吸の深い方が、浅い方にペーシングする場合

酸素過多(過呼吸)にならないよう、吸収量は調整。

・逆の場合は、酸欠にならないように

・相手を凝視するなどして気づかれないように

(大体180度は見渡せるものです)

 

では、明日はベーシックコース

このワークも行います。

ご参加の方はお待ちしております。

 

青山ココロコートではヒプノセラピーの他にも心理学理論に基づいた各種講習、セラピストを支援する活動もしております。
お気軽にどのようなことでもご相談ください。

Copyright © HYPNOTHERAPY All Rights Reserved.

PAGETOP