テーマ:ブログ

自己催眠との関わり

カウンセリング、NLP、ヒプノセラピースクール青山ココロコート大野良実です。

 

さて、

本日は平日コース2日目のベーシックコースです。

 

そして、

セラピストは催眠誘導中にトランス状態になるのか?

についてですが

 

なります。

 

誘導中、自分の声が耳に入ってきます。そして、クライエントに意識が集中しています。

私の場合ですが、特に講習の最中、皆様に催眠誘導する最中は頭の中が真っ白になります。誘導に没頭している私を客観的に眺めています。

誘導文や暗示文は頭の上からシャワーのように降り降りてくるイメージです。

 

よって、自己暗示も催眠誘導文を自分で読み上げながらしても有効と言えます。

それに自分が自分には一番ラポールがとれているのです。

読書しているときは、文字をおって意識が集中しています。そして、いつしかストーリーの中に入り込んだりしてませんか?

本を催眠誘導文と暗示文と催眠を解く文を読み上げることで十分に自己催眠になります。

 

それでは、ベーシック2日目、お待ちしております!

 

素敵な1日でありますように♪

青山ココロコートではヒプノセラピーの他にも心理学理論に基づいた各種講習、セラピストを支援する活動もしております。
お気軽にどのようなことでもご相談ください。

Copyright © HYPNOTHERAPY All Rights Reserved.

PAGETOP