テーマ:ブログ

ドライバーとヒブノ

ヒプノセラピー・NLP・カウンセリングスクール青山ココロコートの大野良実です。

 

「ドライバー」心理学で両親の日頃の言葉が子供のスキーマ(信念)・人生脚本となるとするものです。

 

例えば、お母さんの口癖

「早く食べなさい」

「早く準備しなさい」

早く、早く、早く・・・

子供はいつしか、急げタイプになっていくというものです。

 

ヒプノでいうとまさに暗示になっているというわけです。

 

子供は生存本能により、生かしてくれる人は身近な親であるわけです。親に従ってこそ生きられるという本能が働いています。

生きるためにと、子供の望む意志にはあってるからこそ、受け入れていくわけです。

 

子供についつい口癖になってることありませんか

 

「もうお姉ちゃんなんだから」

「もう年長さんなんだから」

 

まだ子供です。

これが子供にとって強化されると、「しっかりしなきゃいけない」

いつしか、辛くても悲しくても、人を頼れない自分、感情表現を抑える自分ができていきます。

 

決して子供に対してだけではありません。

 

あなたの言語非言語表現が周りにも影響を与えています。

 

素敵な1日となりますように♪

青山ココロコートではヒプノセラピーの他にも心理学理論に基づいた各種講習、セラピストを支援する活動もしております。
お気軽にどのようなことでもご相談ください。

Copyright © HYPNOTHERAPY All Rights Reserved.

PAGETOP